ホーム > 院長あいさつ

院長あいさつ

院長あいさつ

一生自分の歯でいてほしいから
すずき歯科医院では神経や歯を抜かない治療を心掛けています

院長ごあいさつ

院長 鈴木則文

こんにちは、院長の鈴木則文です。
私の父は総入れ歯を入れています。
食べることが好きな父ですが、入れ歯を入れたことによって噛む力がどうしても弱くなり、以前のように食べることを楽しめなくなりました。

入れ歯は天然歯と比較して、噛む力が1/3程度になるといわれています。
私は歯を失った患者さまに対して、食生活を楽しんでいただけるよう最善を尽くしていますが、どんなに高価な入れ歯でも天然歯に勝るものはありません。
それほど私たちが持って生まれた歯は素晴らしい力を備えています。

歯を失うことで苦労している患者さまは後を絶ちません。
また患者さまの中には、他の歯科医院で「歯を抜くように言われたけど抜きたくない」とセカンドオピニオンという形で当院にお見えになる方もいらっしゃいます。
病状によっては神経や歯を抜かなければいけないケースもありますが、極力さけるべきだと私は考えています。

例えば虫歯が進行して神経を抜かなければいけなくなったり、歯周病で歯を失う前にできる治療はたくさんあります。
また日頃の予防・メンテナンスを徹底することで、歯を守り続けるための方法もあります。
大切なのは、歯やお口の健康について正しい知識を持つこと。そして信頼できる歯科医院で継続的な治療を続けることです。

歯を失い苦労している家族の姿を見たからこそ、私は歯を失わないための予防と治療を大切にしています。
患者さまが納得されるまで何度でもご説明し、最適・最善な治療を行っています。
歯を残したい、大切にしたい方はぜひご相談ください。一緒にお口の中の健康を保っていきましょう。

歯について知る

大切な歯のこと、あなたは知っていますか?

しっかり噛むことで健康に
しっかり噛むことで健康に

食べることを思いっきり楽しめなくなくなったら、人生の楽しみは半減してしまうといっても過言ではないでしょう。
食生活の豊かさは人生の豊かさにもつながります。

また普段何気なく食べ物を噛んでいる私たちですが、実はこの“しっかり噛む”という行為には全身を活性化させるという大きな役割もあります。

全身疾患につながる歯の健康

これまで口内の健康状態と全身疾患の関係性はあまり注目されてきませんでしたが、近年互いに影響を及ぼすということが明らかになりました。

糖尿病や心臓疾患を引き起こす原因のひとつに口内トラブルがあり、なんでもしっかり噛んで食べることが生活習慣病予防に効果的であるだけでなく、脳細胞の活性化にもつながります。
噛むことは全身の健康を維持するために重要な役割を担っているのです。

しかし歯を失ってしまってはこれらの役割を果たせません。
つまり健康を維持できないのです。

8020を目指して

20本程度の歯があれば硬いものでも噛むことができ、おおむね食生活に満足できるという調査結果が出ています。
そこで80歳になっても20本以上自分の歯を保ち続けるようにと、平成元年に厚生省(現厚生労働省)と 日本歯科医師会が提唱したのが「8020(ハチマルニイマル)運動」です。

永久歯は親知らずを除いて28本あります。
年齢を重ねることで歯が弱くなり、すべての歯を保ち続けるのは難しいことかもしれません。
しかし若いうちからお口の中の健康に関心を持ち、予防・メンテナンスを続けていれば、20本という数字はそれ程難しくはありません。

神経を抜くと、歯はどうなるの?

歯の神経を抜くと、歯は死んでしまう
歯の神経を抜くと、歯は死んでしまう

神経は歯の生命線です。神経を抜けば、歯は死にます。
虫歯がこれ以上進行することはないかもしれませんが、歯の知覚がなくなり、変色します。

歯茎が化膿したといって通院される患者さまの多くは、神経を抜いた歯の周りの歯茎が化膿しています。
神経が抜かれたことで治癒力がなくなった歯は、細菌による化膿を防ぐなど本来の働きができなくなるからです。

枯れ木は折れやすいのと同じで、神経を抜いて死んでしまった歯の強度は衰えます。

歯の治癒力を大切に

歯科治療が進化し、できるだけ神経を抜かない治療方法が確立されています。

例えば当院では歯へのダメージを最小限に抑えるドックスベストセメント治療を行っていますが、これは歯が持っている治癒力をいかした治療法のため、神経を抜いてしまうと治療が行えません。

神経を残しておくことで治療の選択肢は広がります。
抜く前に一度ご相談ください。

>>ドックスベストセメント治療について、詳しく知りたい方はこちら